ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立アカデミー

どのような人財を育成することが課題ですか?

新たな価値を生み出し、ビジネスをリードするイノベーション人財
No コース名 標準日数 概要 備考
1 協創型イノベーション開発手法(モノとコトを結び新たな顧客価値を創出する)【バーチャル・クラスルーム】 2日間 日本企業の強みや良さを生かした協創型イノベーション開発手法を、実際の製品を題材にした一連の流れ(着眼/観察/アイデア検討/効果評価/仮説立案)に沿って、講義とワークショップを通じて学びます オーダー研修に関してはお問い合わせください
2 モノづくり事業をベースとした高収益サービスの創生法-Product-Service Systems(PSS)- 3日間 対象とするサービスを第3次産業によるものに限定せず、製品の製造、販売、保守、終末処理なども含め、サービスを提供者が顧客から対価を得て価値提供する行為であると定義し、サービスを工業製品と同様に工学的に設計する対象として、その創造的な設計を支援するための考え方と手法を学びます -
サイバーセキュリティに関するスキルを身に付け、職場でのセキュリティ対策をリードする人財
No コース名 標準日数 概要 備考
1 <eラーニング>サイバー攻撃対応基礎(知識修得編) 3時間 セキュリティインシデントが発生した際に知っておくべき基礎的なセキュリティ知識(攻撃手法、脆弱性情報の収集方法など)、その現象体験、インシデント発生時の行動について学びます オーダー研修に関してはお問い合わせください
2 サイバー攻撃対応コミュニケーション訓練(ITシステム編) 0.5日間 ITシステムのセキュリティインシデントを疑似体験するコースです。参加者は、事業責任者、システム担当者、広報などになり代わり、セキュリティインシデントのボードゲームを通して、インシデント発生時の迅速な意思決定、関係者とのコミュニケーションを疑似体験します
3 サイバーセキュリティマインドセット 0.5日間 各職場のセキュリティ担当者に自組織のセキュリティレベルを認識してもらうことで、組織全体のセキュリティマインドを向上させます
4 経営視点で学ぶサイバーセキュリティ 0.5日間 サイバーセキュリティ経営ガイドラインをベースに、サイバー攻撃から企業を守るための基本原則や重点項目を学びます。セキュリティ担当者が、組織の責任者・経営層にセキュリティ対策を提案する際の一助となる効果が期待できます
IoT、ビッグデータなどの知識を身に付け、デジタル活用力、活用マインドを全社規模で浸透させることができる人財
No コース名 標準日数 概要 備考
1 デジタル技術のトレンドとその活用 1日間 昨今のICTにおける「ビッグデータ」「IoT」といったキーワードの概要および関連技術を理解するとともに、これらの技術によって実現されるICTシステムの全体像をとらえられるようにします オーダー研修に関してはお問い合わせください
2 DXのためのイノベーションワークショップ 2日間 自分のやりたいことと組織がめざすことの接点を見つけ業務への主体性を高めるとともにイノベーションを起こす考え方と流れを知ります
膨大なデータを分析、利活用していく適切な手法を身に付け、データサイエンスを仕事に活用できる人財
No コース名 標準日数 概要 備考
1 定量分析のスキル【バーチャル・クラスルーム】 2日間 問題発見と解決の具体的な流れに従い、お客さまの課題を捉え、提案・解決する能力を学習します オーダー研修に関してはお問い合わせください
2 データ分析手法の理論と適用-ビジネスにおける統計的手法活用の広がり-【バーチャル・クラスルーム】 2日間 データ分析の理論や作業スキルに加え、各分析手法を適用する際の考え方を学習します。データを手に入れてからレポートとするまでの一連の頭と手の動かし方を、Excelを利用した演習を通じて学習します。
3 <eラーニング>機械学習 基礎知識編 -初めてでもOK!データ分析を身近に- 9時間 このコースは、データマイニングの代表的な方法論である「CRISP-DM」に沿って、予測モデルを構築する一連の流れおよびモデルを構築するために必要な各種分析手法を学習します
4 機械学習 ケーススタディで学ぶ実践編‐製造物の種類判別と生産設備の故障予兆‐【バーチャル・クラスルーム】 2日間 ケーススタディは2種類あり、データ分析の結果を大きく左右する「データ磨き(バリューアップ)」の要所を二段階で修得します。また、構築したモデルの費用対効果を明らかにして顧客へプレゼンテーションする疑似提案も体験します。

DXを推進する人財育成

DX科目体系図をダウンロード

カテゴリー別コースフローはこちら