ページの本文へ株式会社 日立アカデミー

Hitachi

株式会社 日立アカデミー

DXリテラシー研修

DXリテラシー研修

DXリテラシー研修

DXリテラシー研修

産業・職務を問わずデジタル化・AI化が一層進む中、今やデジタル対応力は、英語やWord、Excelなどを使いこなすのと同様に汎用性・必要性が高いリテラシーと言えるでしょう。 しかし「DX」や「AI」というワードに、「難しそう」「自分には関係ない」という印象はありませんか?組織においてこの印象が強い場合、デジタル化推進を阻害する要因にもなり得ます。

組織がデジタル化を進めるにあたっての重要な一歩、それは多くのメンバーがDXに対し「思ったよりも簡単、できそう」 「DXで今までの業務がもっと良くなる」というマインドを持てること。そのサポートは、当社の「DXリテラシー研修」にお任せください。
AI の支援を活かすために、現場で働く全員にAI の出力結果をうまく使えるリテラシーが必要になってきます。
手書き→ワープロに変わった、FAX がe メールに変わったのと同じ感覚で、「使いこなすスキル」は、だれもが必要です。
「データサイエンスの民主化」といわれる動きが活発で、だれでもデータ活用に取り組める環境が整ってきています。

DXリテラシーの位置づけ

DXを推進するために必要なスキルを、DXを自分事として捉えられる「リテラシーレベル」、担当業務に応じた対応力を強化する「ベーシックレベル」、そしてデジタル技術を活用し、ビジネス上の課題解決を具体的な施策として推進できる「プロフェッショナルレベル」の3層に整理しています。当社の 「DXリテラシー研修」は、 「リテラシーレベル」のスキルを身につけたい方にお薦めです。
DXリテラシーの位置づけ
DXリテラシーの位置づけ

DXリテラシー研修の特長

当社のDXリテラシー研修では、「数理・データサイエンス・AIを仕事で使いこなす基礎素養」を身につけることに加え、「DX推進のために自律的に行動しかつ企業がDX組織にステップアップするために必要な力」を身につけることを重視し、学習ゴールを設定しています。

特に重視しているのが「マインドセット」。世界で起きている課題を、「誰かが何とかしてくれる」と受け身の姿勢で待つのではなく「自分が解決する問題」と捉えられるようにするためにも、まずDXの共通定義を学んでいただきます。そのうえで、自らの業務への適用を考え、かつ自ら計画立案まで行えるよう、「スキル」の強化もめざします。
DXリテラシー研修学習ゴール
  • 1
    全員が自分たちのDXの共通定義を持つこと
  • 2
    デジタル技術を手段として理解した上で、自業務への適用を全員が日々考えられるようになること
  • 3
    簡単なものは自分で実装まで出来るようになること

学習ロードマップ

学習者がつまずくポイントを学習プロセスごとに整理し、乗り越えるための工夫をしています。
どの段階にいるかを確認し、あてはまるSTEPから学習を開始しましょう!
学習前の受講者の状況・気持ち 認知がない
DX・・・自分には難しそうだし、
そもそも専門家や
専門部署が推進することでは?
Step1
DXとは何か、なぜ必要かを知ろう
DXを俯瞰して理解し、頭の中にDX の地図ができれば、これから入ってくるDXの情報を頭で整理でき、すっきりするようになります。
受講後に期待できる変化
オプションサービス「ワンポイントコンテンツ」
※ワンポイントコンテンツのご利用については、当社までお問い合わせください
学習前の受講者の状況・気持ち認知がある
知識はあるが、
DXを自分に関係あることとして
捉えられない
Step2
自分の業務での適用を考えられる
(やりたいこと、やるべきこと見つける
DXでも最も大切なのは課題定義であり、技術の難しさではありません。Step2終了後には、きっとDXを身近に思えるようになっているでしょう。
受講後に期待できる変化
学習前の受講者の状況・気持ち具体的に計画が立てられない
アイデアは浮かんだけれど、
具体的にはどう計画を立てて進めれば
良いんだろう?
Step3
適用に向けた検討作業の進め方を理解し、実行計画が立てられる(計画を立てよう)
思い描いた着想を現実のものにするには、実行計画が必要です。Step3ではワークシートを使って、手続き的に着想を実行計画に落とし込みます。
受講後に期待できる変化
学習前の受講者の状況・気持ち分析スキルが足りない
計画を進めるための分析スキルが
足りない
Step4
ある程度までは自力でできる
どんな場面でどんなデータや分析手法を組み合わせれば良いのか、実践に必要なスキルがあれば、自業務での実行に移せます。
同等のコースを、「バーチャル・クラスルーム(オンライン研修)」でも開催しております。ご要望に応じてオーダー研修の開催も承ります。
受講後に期待できる変化
めざすステータスDX案件・PJで活躍できる
自社のDX事業を推進できる
DX案件でリーダーをしています。
DX案件をバリバリ担当しています。
自社の、DXの事業構想をとりまと
 めています。
ベーシックレベルへ進もう
自業務・役割に関連するデジタルの技術・思考法を学びましょう。

お申し込み・ご受講にあたって

DXリテラシー研修に含まれるコースは、すべてeラーニングです。
eラーニングのお申し込み・ご受講については、下記ページをご覧ください。
・DXリテラシー研修に含まれるコースは、コース単位でお申し込みいただけます。
 上記「学習ロードマップ」のコース名をクリックし、各コースの詳細ページからお申し込みください。
・3コースをまとめてお申し込みいただく場合も、各コースごとにお申し込み手続きをお願いいたします。
・全社教育としてのご利用や個別の研修運用など、DXリテラシー研修の導入に関するご相談は、お問い合わせよりご連絡ください。

お問い合わせ

「サービスに関するお問い合わせ」お問い合わせ入力フォームよりお問い合わせください。
※お問い合わせ内容の文頭に「DXリテラシー研修」と加えていただきますとスムーズです。