ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立アカデミー

日立アカデミー健康経営宣言

日立アカデミーは、『安全と健康を守ることは全てに優先する』という「日立グループ安全衛生ポリシー」の基本理念に基づき、安全活動と共に従業員の健康保持・増進活動である「健康経営」を推進していきます。

当社では、従業員一人ひとりの「健康」が経営の基盤であることから、全従業員が心身共に健康で、明るく活き活きと職場・私生活の両面において充実した生活を送ることができる環境づくりに努めることを宣言します。

取締役社長 迫田 雷蔵

健康経営 推進体制

健康経営 推進体制

活動内容

日立グループ安全衛生ポリシーに基づき、従業員が安全かつ健康的・衛生的に働ける職場環境や風土作りを推進し、従業員の活力向上、組織の活性化を図ります。

1.労働時間の適正化、ワークライフバランスの確保

  • ① 多様な働き方に対応した各種制度の整備、テレワーク、在宅勤務、サテライトオフィスの活用等
  • ② 管理者による日々の勤怠管理の徹底
     (長時間労働および深夜労働対策)
  • ③ 年次有給休暇の完全取得(20日/年)の取得と職場全員取得年休(2日間)

2.生活習慣病などの疾病の高リスク者に対する重症化予防対策

  • ① 定期健康診断100%受診の徹底
  • ② 重症化予防保健指導と未受診者への受診勧奨
  • ③ 安全衛生規則に基づいた就業制限措置の徹底

3.メンタルヘルス不調者のストレス関連疾患の早期発見と対応強化

  • ① 従業員のレジリエンス強化に向けた各種教育(管理職へのラインケア研修、セミナー等)の開催
  • ② メンタル不調者と産業医・保健師面談および臨床心理士とのカウンセリング実施
  • ③ ストレスチェックによる早期の気付きを促し、不調に陥らない様1on1等を活用しながら未然に防止する取り組み。
     リワークプログラム活用によるスムーズな復職、安定的な勤務に向けた施策の検討
  • ④ メンタルヘルスeラーニングの受講
     「こころと体の健康を考える時間」
     「職場におけるメンタルヘルスケア」

ご参考 (日立アカデミーの健康状況)

健康診断数値は、ご参考です。

沿革
項  目 2018年度実績 (%) 参考*1 (%)
肥満該当者(BMI 25以上) 29.6 33.3
高血糖該当者
(ヘモグロビンA1C 7.0%以上)
2.1 3.5
高血圧該当者
(収縮期160mmHg・拡張期100mmHg以上)
5.8 3.3
脂質異常該当者
(LDL-C180㎎/dl以上)
4.1 4.1
喫煙率 17.2 30.9
*1
2018年度 日立健保組合平均