ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立アカデミー

人財育成コンサルティング

自社にフィットする人財育成の仕組みを構築しましょう

日立グループ内、外での実績を生かし、幅広い業種・業態に対して、企画から運用まで、
お客さまの課題に合わせて一貫した人財育成の仕組み作りをご支援します。
人財像や育成施策は定義すれば終わりではありません。
これらの仕組みを試行、運用することで得られる現状認識(素材となるデータ)をもとに、
企業にフィットした「あるべき」育成制度を練りあげます。

課題解決に必要なこと

人財育成における課題認識は、経営者、人事・総務部門、現場部門それぞれの立場で異なります。
当社コンサルタントがプロジェクトに参画することで、課題設定を明確にし、
課題に即した適切な制度設計が可能になります。

サービスご利用の流れ

育成対象者の定義、現状の評価、強化テーマの絞り込み等のステップを経て、本当に必要な方へ適切な育成施策を実施しましょう。
更に、育成制度のプロセス設計は、制度を一過性のものとしないために重要なステップです。

    • 育成する人財について、求められる業務機能つまり担う仕事をタスクレベルまで詳細化します。
    • 各種業界標準を活用することで、導入・運用コストを如何に下げられるかがポイントです。

    • 人財別にタスク習熟度を評価するの仕組みを構築します。
    • タスク習熟度と属性情報から、事業戦略および人財配置を検討する素材となる、「人財マップ」を可視化する基盤を整備します。

    • 規定の役割およびタスクに対して、タスクを遂行するうえで必要な知識・スキルを修得するための育成施策を検討します。
    • 組織として優先的に育てたい人財、育成テーマについて、対象者を選定のうえ育成計画を立案します。

    • 具体的に、いつ、どのような育成(学び)の施策を実施するかを立案するための仕組みを構築します。
    • 継続的かつ自律的な学びの仕組みを運用するために、育成(学び)の計画、実行、フォローといった運用プロセスを設計します。

サービス導入パターン

お客さまの課題に合わせた適用パターンを展開しています。
人財育成制度を構成するツール群が一定レベルで構築済みの場合には、一から制度構築をするのではなく、
現行制度を生かした制度設計にも対応できます。

ご支援のパターン 期間・費用

人財像定義

診断の仕組み作り

育成施策の検討

育成プロセスの設計

事業内容や事業環境などの現状分析結果も踏まえ、
事業目標を実現するために必要となる人財像、職種、
スキルなどの育成方針を立案します。

6か月
400万円~

まずは現行の人財配置を可視化したい、あるべき人財像を固めたい、というお客さまに向けたサービスです。

3か月
300万円~

計画的・継続的に学ぶための仕組み作りや、個人と組織の両面での育成状況を把握するための仕組みを構築します。

3か月
200万円~

一定レベルで構築済みであった人財育成制度を構成するツール群を調査・整理したうえで、計画的・継続的に学ぶための仕組み作りや全社浸透をご支援します。

1か月
100万円~

日立アカデミーのサービス

組織の人財育成を考えている方のためのサービスをご提供しています。