ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立アカデミー

ニューノーマル時代のプロジェクトマネジメント-価値変革への戦略的対応-

ニューノーマル時代のプロジェクトマネジメント-価値変革への戦略的対応-

テレワークは、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方です。テレワークにより、ワークライフバランスの実現、地域の活性化への寄与が期待されており、政府が経済界に強く要請している働き方改革でもあります。

企業や組織においてテレワークが浸透していくことに伴い、対面コミュニケーションでないと伝わらないと言われてきた種々の活動( 顧客ヒアリングや提案、条件交渉、プロジェクト定例報告会など)が、非対面主体へと変化しています。

この変化に対応するためには、非対面でもステークホルダの期待を汲み取る信頼関係構築力や、プロジェクト情報を早く正確に取得する状況判断・理解力、さらに、プロジェクトメンバーの信頼を得るリーダーシップや、プロジェクトや組織を巻き込むファシリテーション力などが、これまで以上に重要なスキルとして、強く求められることになります。

研修のご紹介

当社では、バーチャルとリアルをハイブリッドにご用意し、より戦略的かつ効果的に学べるコースをご提供します。

プロジェクト・マネジャーにお薦めする研修

コース
コード
コース名
日数
CTV070
改訂
(PDU)1日でわかる 今、必要な戦略的IT投資のポイント-変革の時代に生き残るために-
関与者とコミュニケーションを取りながらビジネス変革の成功シナリオを共有し、戦略的IT投資でそれを実現する手法を学びます。
1日
PMV073
(PDU)プロジェクトの敵を味方にするステークホルダーマネジメント
プロジェクトの複雑度やスピード感が高まる中、顧客や上級マネジメント、関連部署などプロジェクトに影響を与えるステークホルダーの協力的な関与を引き出すことが、プロジェクトの成功に直結します。このコースでは、ステークホルダーマネジメントと体系的に学び、具体的なツールを修得します。
1日
PMJ079
(PDU)プロジェクト・マネジャーのためのメンバーの力を引き出すモチベーション・マネジメント-行動特性分析に基づく-
メンタリングとは何かについて、メンタリングに関する知識を修得し、メンティの育成を支援できるようなメンターとしてのスキルをフレームワークを通して学習します。このコースは、統合共育研究所発行の「メンターズガイド」をフレームワークとして利用します。
2日
SPV045
(PDU)[リーダー向け]アジャイル開発における自律型チーム運営
アジャイル開発を担当するリーダーとして、その力量がもっとも発揮されるべき局面がチーム運営です。このコースでは、自律的なチームとは何か、どうすれば自律的なチームになるのかを、開発現場の状況を想定した講師とのディスカッション演習や質疑応答を通して考察します。
1日

リーダーにお薦めする研修

コース
コード
コース名
日数
HSV216
改訂
(PDU)ストラクチャード・コミュニケーション-会議を空中戦にせず、図で共有する・伝える・理解する・考える-
このコースでは、限られた時間の中で、できるだけ有効な情報を引き出し、整理し、考えを伝えることが求められる方が、相手とのコミュニケーションにおいて、情報を構造化し図で表現するために必要な知識を学びます。基本となる図解パターンを元に、考えを伝える演習や、聞く演習、また考えをまとめる演習を通じて、相手の課題を解決するための図解スキルを修得します。
1日
HSV222
改訂
(PDU)リーダーのためのマインドフルネス-成果発揮へのセルフリーダーシップとマインドフル-
忙しい現代ビジネスパーソンが集中力を高め記憶力や思考力を増進し、些事に悩まない強靭なリーダーシップが発揮できるようになるための手がかりです。グーグルやインテルのみならず世界のトップ企業において実践され始めている、マインドフルネスについて学習します。基本的な方法論を学び、実践できるようにします。
1日
HSV220
改訂
(PDU)会議/プロジェクトを円滑に進めるためのファシリテーション・スキル向上
効率的、効果的な会議/プロジェクトを運営するために有効である、ミーティング・コミュニケーションと対応法を学習します。さらに、生産的会議に必要となるファシリテーション・スキルを理解し、適切なコミュニケーション技術を修得できます。
2日
HSV217
改訂
(PDU)部下のパフォーマンスを高める1on1ミーティングとフィードバック
メンバが話したいことを話すミーティングとは何か、またメンバの自主性が上がっていく会話とは何か、をロールプレイングを通して体系的に学習します。
1日