ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立アカデミー

RPAユーザー、エンジニアに向けてさらなる支援の強化!UiPath、WinActorコースのご案内

RPAユーザー、エンジニアに向けてさらなる支援の強化!
UiPath、WinActorコースのご案内

「RPA 国内利用動向調査2020(※1)」において、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)導入率および浸透率について、次の発表がありました。

RPA導入率推移 大手企業におけるRPAブランド別の浸透率

※出典 株式会社MM総研様「RPA国内利用動向調査2020」 https://www.m2ri.jp/release/detail.html?id=391
(※1)株式会社MM総研様 プレスリリース 2020年1月27日より引用

既に、2020年初頭では、大手企業が51%、中堅・中小企業においても25%が導入済みとなっております。
大手企業における浸透率をみるとUiPath、BizRobo!、WinActorが高く、今後の製品シェアにも大きく影響すると考えられます。また、ニューノーマル(新常態)では、多くの企業でデジタル化(テレワークの導入、リモート/ネットワーク環境の強化、業務のオンライン化など)が加速し、より抜本的な働き方改革が求められる中、RPAが再注目されています。

当社では、「大手企業におけるRPAブランド別の浸透率」における主要ブランドのトレーニングを提供しており、RPAを利用するユーザーからロボット開発を行うエンジニアまで強力にサポートします。
また、2021年4月より新たに「UiPath StudioX」、「WinActor」の対応コースの提供をスタートします。今後も製品動向、ニーズに合わせて研修を拡充することで、RPAの人財育成に貢献してまいります。

新コースのご紹介

UiPathトレーニング

UiPathのロボット開発は、直観的な操作で容易にワークフローを開発・メンテナンスができるため、ユーザーフレンドリーな開発作業が可能です。UiPathトレーニングに新たにUiPath StudioXが加わり、より簡単にロボット開発が可能となりました。

こんな方におススメ!

コード無しのドラッグアンドドロップ方式で簡単に操作できる「UiPathStudioX こんな方におススメ 」で、ロボット開発手法を学習したい方。

コース
コード
コース名
日数
RPV010
新規
UiPath公式 UiPath StudioX 開発トレーニング
UiPath StudioXによる業務プロセス自動化について、マシン実習を通して修得します。
1日

WinActorトレーニング

WinActorは、国産RPAとして国内で高いシェアをもつ製品です。PC操作を録画(レコーディング)し、自動でシナリオを生成、編集するシナリオ型開発が特徴です。
プログラムやスクリプトなどの知識がなくても容易にロボット開発が行えます。

こんな方におススメ!

PC 操作をレコーディング(記録)するシナリオ型の「WinActor」の基本的なロボット開発手法を学習したい方。また、安定性やメンテナンス性に優れたロボット開発(シナリオ作成)手法を修得したい方。

コース
コード
コース名
日数
RPV011
新規
WinActor入門トレーニング-ロボット開発の基本操作-
RRAツール「WinActor」の業務を自動化するためのロボット開発(シナリオ作成)について、マシン実習を通して学習します。
1日
RPV012
新規
WinActor実践トレーニング-安定性・メンテナンス性を向上させるためのロボット開発-
RRAツール「WinActor」の安定性・メンテナンス性を向上させるためのロボット開発(シナリオ作成)について、マシン実習を通して学習します。
1日

新コースのご紹介

各RPAの基本から応用に至る最適なコースをご用意しています。RPAの基本から学習し、ロボット開発・実行方法 を修得したい方、実務に直結するロボット開発のノウハウを修得したい方におすすめです。

RPA研修体系

提供中コース

Automation Anywhere

全コースが2019年にリリースされたAutomation Anywhere Enterprise A2019に対応しました。Webブラウザーを使用してロボットの開発・実行・管理が行うことができ、ロボット実行PCにクライアント製品をインストールする必要がないため、従来の製品であるAutomation Anywhere Enterprise V11と比較し導入がしやすくなっています。

コース
コード
コース名
日数
RPV007
RPA入門-概説と操作体験(Automation Anywhere)-
RPAの基礎について学習し、RPA製品(Automation Anywhere Enterprise)によるロボット作成を体験します。
1日
RDV003
Automation Anywhere 認定RPAトレーニング(Mastering Bots : A 2019)
Automation Anywhere Enterprise A 2019を実際に使用することで、単純なものからやや複雑な業務を自動化するためのロボット開発方法について、マシン実習を通して修得します。
3日
RPV006
IQ Botトレーニング-Automation Anywhere-
Automation Anywhere EnterpriseおよびIQ Botを実際に使用することで、非構造データを構造化データに変換しボットにて登録する一連のプロセスについて、マシン実習を通して修得します。
1日
RPV009
改訂
Automation Anywhereにおけるロボット開発の勘所
ロボットの安定稼働と品質をテーマに、ロボットの開発・管理・運用という観点でマニュアルでは紹介されないノウハウ(ロボット開発のコツ、安定稼働のための構成)を学習します。
0.5日

UiPath

PC上のさまざまなアプリ(Office、デスクトップアプリ、Webブラウザーなど)を自動化できます。ロボット開発時は、直観的な操作で容易にワークフローを開発・メンテナンスができるため、ユーザーフレンドリーな開発作業が可能です。

コース
コード
コース名
日数
RPV002
UiPath公式速習プログラム入門-基本操作ハンズオン-
UiPath Studioの基本操作を学習し、UiPathの特徴であるセレクター、処理の制御 方法を理解しUiPathと業務のRPA化につなげます。
1日
RPV003
UiPath公式速習プログラム実践-業務プロセス定義書・ワークフロー開発-
RPA開発までのフェーズごとに必要なことと、業務改善手法の基礎、業務可視化のための業務フロー図の作成を学習します。また、RPA開発においてコミュニケーションの要ともなる「業務プロセス定義書」の作成、活用方法を学習します。
次に、メンテナンス性が高く、効率的なワークフロー開発、Configファイルの概念を学習します。
2日

BizRobo!

ソフトウェアロボット(Digital Labor)の導入・運用を支援するデジタルレイバープラットフォームであり、スモールスタート(BizRobo! Mini)、クラウド型(BizRobo! DX Cloud)、大規模(BizRobo! Basic)など自動化の規模にあわせて選べます。また、ユーザーフレンドリーな開発作業が可能です。

コース
コード
コース名
日数
RPV004
RPA入門-概説と操作演習(BizRobo!)
RPA(BizRobo!)の基礎について学習し、RPAツール(BizRobo!)によるロボット 作成の演習を行います。
1日