ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立アカデミー

Pentahoを用いたデータの統合や可視化を、短期間で修得できます!

データ分析やシステム移行のためにデータ統合を行う必要がありPentahoを導入することにしたが、「どう使ってよいかわからない」、「もっと効果的に短期間で修得できないか」...といったお悩みはありませんか?
当社では、BI( Business Intelligence )プラットフォームであるPentahoの研修として、データの加工・統合と、データの可視化・分析に利用する際の考え方やポイントを修得できる研修コースを取り揃えています。また、Pentahoの機能や操作を修得できるHitachi Vantara 社認定トレーニングコースもご提供していますので、ぜひご活用ください。

こんな方におススメ!

Pentahoでデータ統合やデータ分析のポイントを学びたい方

短期間で、Pentahoのデータ統合やデータ分析のポイントを学びたい方へ次の2コースをお薦めします。

fig

コース
コード
コース名
日数
PTJ002
データ加工・統合入門-Pentahoを用いて-
【概要】複数業務システムのデータ統合では、ETL(Extract/Transform/Load)処理によるデータのクレンジング(加工)や名寄せが必要です。データクレンジングのポイントを把握し、Pentahoで実践したい方にお薦めです。
1日
PTJ001
Pentahoによるデータ可視化・分析
【概要】PentahoのOLAP(Online Analytical Processing)分析機能であるアナライザーの操作を学び、データから仮説を立ててアナライザーで分析・検証する流れを体験します。Pentahoを用いたデータ分析を検討されている方にお薦めです。
0.5日

PentahoでETL 処理によるデータの加工・統合をしたい方

複数業務システムの統一やデータ分析の前処理のため、データの加工・統合を行いたい場合、Pentaho のDI( Data Integration )機能を利用します。

fig

*Hitachi Vantara 社認定トレーニングコース

コース
コード
コース名
日数
PTD005
(Pentaho認定)データ統合の基本
【概要】「データ加工・統合入門」コースでは扱わない、データベースを利用したETL処理やPentahoリポジトリ機能などの高度な機能・操作についても修得できます。PentahoのDI機能そのものについて学習したい方にお薦めです。
3日

Pentahoでデータ参照やBI 機能を使ったデータ分析をしたい方

PentahoはBI 機能としてさまざまなデータの可視化・分析機能を提供しており、それぞれ設定や操作が異なります。

fig

*Hitachi Vantara 社認定トレーニングコース

コース
コード
コース名
日数
PTD001
(Pentaho認定)ビジネスアナリティクスユーザーコンソール
【概要】「Pentahoによるデータ可視化・分析」コースで扱うアナライザーを含む、3種類の可視化・分析機能について操作を修得します。データ参照が中心のユーザーにも有効です。
1日
PTD003
(Pentaho認定)ビジネスアナリティクスデータモデリング
【概要】Pentahoによるデータ分析・可視化は事前にモデル作成が必要です。このコースでは、モデリングツールであるメタデータエディターおよびスキーマワークベンチの機能・操作を修得できます。データの可視化・分析を担当される方にお薦めです。
2日
PTD002
(Pentaho認定)ビジネスアナリティクスレポートデザイナー
【概要】表やグラフを利用したレポートを作成し、どのように可視化するか詳細に設定可能なレポートデザイナーの機能・操作を修得できます。Pentahoで定型的かつ詳細なレポートを作成したい方にお薦めです。
2日
PTD004
(Pentaho認定)CToolsの基本
【概要】複複数の表・グラフで構成されたインタラクティブなダッシュボードを作成するCTools機能・操作を修得できます。Pentahoで高度なダッシュボードを利用される方にお薦めです。
2日