ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立アカデミー

Hitachi Storage Solutions対応研修

今日、データセンターヘのフラッシュストレージ導入が当たり前の時代になろうとしています。
データセンター運用をシンプルかつ効率的なものへと革新する、日立の新たなストレージの活用技術と知識修得におすすめのコースをご紹介します。

お知らせ

お知らせ一覧

お薦めコース一覧

日立ストレージコース

コースコード コース名
SPL063 日立ストレージ製品概要-ストレージ基礎・製品紹介編-
SPL064 日立ストレージハードウェア-ミッドレンジストレージ編-(※2)
SPL073 日立ストレージハンズオン-バックアップ編-(※1)
SPL074 日立ストレージハンズオン-仮想化編-(※1)
SPL068 日立ストレージ機能-リモートコピー編-(※2)
SPL069 日立ストレージ機能-無停止運用管理編-(※2)
SPL075 日立ストレージハンズオン-REST API編-(※2)
SPL072 日立ストレージハンズオン-iSCSI活用編-(※1)

(※1)ストレージ実機を使用したハンズオンコースです。
(※2)製品シミュレータを使用したストレージ設定操作が体験できます。

eラーニング 周辺知識コース

コースコード コース名
CLE703 <eラーニング>【ナビ機能付き】ストレージ関連者向けサーバ仮想化技術概説
SJE016 <eラーニング>Fibre Channel概説-日立ストレージ・ホストの接続を理解するために-
SJE017 <eラーニング>SATA入門
SJE018 <eラーニング>SAS(Serial Attached SCSI)入門-ストレージインタフェースを理解するために-
SJE705 <eラーニング>【ナビ機能付き】SAN概説
SJE028 <eラーニング>SCSI入門-ストレージインタフェースを理解するために-
SJE708 <eラーニング>【ナビ機能付き】ストレージシステム基礎

お薦めコースフロー

体系的な知識修得のために、以下のコースフローを推奨しています。

ストレージの基礎および周辺知識を知りたい方
日立ストレージのハードウェア製品特長・構成を知りたい方
日立ストレージの各機能を使用したシステムの構築・運用技術を知りたい方

(※1)SPL072,SPL073,SPL074は、ストレージ実機を使用したハンズオンコースです。

(※2)SPL064,SPL068,SPL069,SPL075は、製品シミュレータを使用したストレージ設定操作が体験できます。

コース検索

<eラーニング>【ナビ機能付き】ストレージ関連者向けサーバ仮想化技術概説 <eラーニング>SAS(Serial Attached SCSI)入門-ストレージインタフェースを理解するために- <eラーニング>SATA入門 日立ストレージ製品概要-ストレージ基礎・製品紹介編- <eラーニング>SCSI入門-ストレージインタフェースを理解するために- <eラーニング>【ナビ機能付き】SAN概説 <eラーニング>Fibre Channel概説-日立ストレージ・ホストの接続を理解するために- 【ナビ機能付き】ストレージシステム基礎 日立ストレージ製品概要-ストレージ基礎・製品紹介編- 日立ストレージハードウェア-ミッドレンジストレージ編- 日立ストレージ製品概要-ストレージ基礎・製品紹介編- 日立ストレージハードウェア-ミッドレンジストレージ編- 日立ストレージハンズオン-バックアップ編- 日立ストレージ機能-リモートコピー編- 日立ストレージハンズオン-iSCSI活用編- 日立ストレージハンズオン-REST API編- 日立ストレージハンズオン-仮想化編- 日立ストレージ機能-無停止運用管理編-

ご利用ガイド

コースのお申し込みから受講後までの流れや各種操作方法などについてご案内します。