ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立アカデミー

学習者の理解度に応じて学習内容を最適化する学習スタイル、アダプティブラーニング。
このアダプティブラーニングのコンセプトを取り入れたeラーニングサービスです。
学習者一人一人の理解度に基づき、コース目標到達に必要な学習項目のみを学習できる仕組みにより、学習効果を高めます。
また、力試ししてから学習する、学習してから力試しする、などの個人で異なる学習スタイルにも、柔軟に対応します。

ここがポイント!

POINT 1

学習前の知識レベルに応じて必要な学習内容を、判断しながら進めるため、効率の良い学びを実現します。

POINT 2

学習前にコース内容に対する理解度を提示することで、学習への動機が明確になります。

こんな方におすすめ

  • 知識レベルがバラバラな受講者に適応できるeラーニングを制作したい
  • 学習者の理解度や学習スタイルに柔軟に対応させたい
  • 学習理解度を数値化して提示することで、学習への動機づけをしたい

導入事例(活用例)

学習項目ごとに用意されたプレテストを受験することにより、学習者の理解度が数値で提示されます。
この結果をもとに、学習が必要な場合は学習ページ、既知の学習項目についてはスキップして次の学習項目に進むことができます。

また、学習項目ごとに個人で学習の流れを選択できるメニューを用意しています。
先にプレテストにて力試ししてから学習したい、学習後に理解度確認のテストで力試ししたい、といった個々の異なる学習スタイルにも対応できます。

他のeラーニング制作

無題ドキュメント