ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立アカデミー

お客さまの社内スキル基準をもとにした年次研修体系の導入を実現

- 東京ソフトウェア株式会社 様 -

2019年10月29日

[お客さまプロフィール] 東京ソフトウェア株式会社 様

TSK ロゴ

[所在地] 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル37F
[創立] 1987年7月23日
[業務内容] 情報システムインフラ基盤構築・ソフトウェア開発・設計・保守・運用・維持管理など多彩な技術力で企業の情報化に貢献しています。

当社は、2002年より東京ソフトウェア株式会社様の新入社員研修を実施させていただいており、配属後の研修についても多くの従業員の皆様に日立講習会を活用いただいています。
今回、お客さまから年次必須研修体系を整備したいとお声掛けをいただき、その実現までに当社がお手伝いさせていただいたことについてお話を頂戴しました。

西沢様

インタビュー:

東京ソフトウェア株式会社
常務取締役 管理本部 本部長
西沢 民裕様(左)

東京ソフトウェア株式会社様の人財育成に対する取り組みと、抱えていた課題を教えてください。

  • 新入社員研修に関しては2002年から日立アカデミーの新入社員合同研修サービスへ参加しております。学生から社会人になるとても大事な時期をお手伝いいただき、順調に社会人生活ができております。
  • しかし、配属後の研修に関しては、OJT中心で行っており、そこでの技術スキルは身に付くのですが、他の仕事を担当することになった時のことを考えると、体系化されたOFFJT教育を導入したいとは考えていました。

今回、体系化に踏み切ったきっかけは何ですか?

  • 派遣法による必須教育の実施や、優秀な技術者の育成のため、また、技術者がチャレンジしたい仕事に就くという目標達成のために、経験年数から社内スキル基準を設け、その基準に合ったOFFJT教育を受講させたいと思ったからです。

OFFJT教育のプロバイダとして日立アカデミーをお選びいただいた理由を教えてください。

  • 2002年からという長いおつきあいである新入社員研修では、研修中の態度や性格、成績を含めた情報などの報告も適切に行われており、配属後の仕事の取り組み方を本人にアドバイスできています。そのことから、当社の望む教育を安心してお任せできると考えたからです。

日立アカデミーがお手伝いさせていただいた結果、どのような効果がありましたか?

  • 教育を受けることが苦手だった社員が、体系化された技術者研修を受講したことがきっかけとなり今後も受講したいと思うようになりました。
  • また仕事の範囲が広がり活躍できる場が増えたこと、資格取得に挑戦することが増えたことが挙げられます。

今後、日立アカデミーに期待することは何でしょうか?

  • 時代の変化に伴い、先端を行く技術者を育てるために教育の充実と、推奨される教育などのアドバイスをいただきたいと思います。

ありがとうございました。

以上