ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立アカデミー

コースフロー(2021年10月~2022年3月)はこちら

ビジネススキル修得のための推奨講座体系~変化の激しい時代を生き抜くために~

今、わたしたちに求められる経営の視点

DX・AIをはじめとする最新技術が融合した市場・社会のパラダイムシフトに企業が応えるためには、企業活動と技術との融合を継続的に進化(深化)させていくことが必要です。そんな変化の激しいビジネスにおいて働くわたしたちは「自分の実務を知るだけの人」で良いのでしょうか。

技術の発展とその活用は、もはや会社経営において無くてはならない時代になりました。すなわち、それら技術に関わるわたしたち全員が、お客さまの経営視点に立って事業上の課題を特定・解決するべきであるといえます。そのためには、戦略的思考、計数管理、人間的管理といった経営基礎知識を身につけ、実務においてそのスキルを発揮することが不可欠となります。よって、自分の担当する実務の知識・スキルの獲得はもとより、ビジネスのあらゆる場面を支える広範囲な知識修得が求められるとともに、会社がわたしたちに期待する役割も、もはや現場の業務範囲内にとどまらず、ビジネス視点で全体最適な解決策を提案することといえます。

技術と社会が融合する世の中で成功するには、みなさんの「企業経営の視点からの協創」が不可欠です。わたしたちは時代変化に対応し学習の領域を拡げていくことが望まれています。

ITという技術を社会やビジネスで役立たせるには、「企業経営の視点からの協創」が不可欠です。IT技術者は時代変化に対応し、学習の領域を拡げていくことが望まれています。

IT技術者に求められる学習領域

あわせて見直したい! 人生100年時代の「社会人基礎力」

人生100年時代、働き方改革、ニューノーマル...、私たちは今、大きな変革期の只中にいます。従来のビジネスも様変わりせざるを得なくなり、対応のためにさまざまな工夫をしています。しかし、この「ニュー」がなくなり、「ノーマル」になる時代もそう遠くありません。

変化に対応するうえで、今私たちに必要なのは「自身のアップデート」です。必要なものを残したまま、新しいやり方を取り入れるようなイメージです。

そのために、今の自分に不足しているものを把握するために、社会人基礎力の項目に沿ってコースをピックアップいたしました。

「人生100年時代の社会人基礎力」とは

IT技術者に求められる学習領域

「人生100年時代の社会人基礎力」は、これまで以上に長くなる個人の企業・組織・社会との関わりの中で、ライフステージの各段階で活躍し続けるために求められる力と定義され、社会人基礎力の3つの能力/12の能力要素を内容としつつ、能力を発揮するにあたって、自己を認識してリフレクション(振り返り)しながら、目的、学び、統合のバランスを図ることが、自らキャリアを切りひらいていく上で必要と位置つけられます。

出典:経済産業省「人生100年時代の社会人基礎力」説明資料

講座体系を活用したコースの選び方

ビジネス/ヒューマン講座は、必要な人に必要な学びを必要な時にご提案できるサービスをめざして、分かりやすく受講選択し易い研修体系に整理しました。具体的にはビジネス推進のスキルとして欠かせない、三分野(ビジネスマネジメント、業務遂行力(社会人基礎力)、目的別・用途別)を採用しています。

お客さま自身の強みの強化や弱みの克服をはじめ、人材育成計画にもとづく組織的な取り組みにおいて、皆さまの経験年数・業務経験・職位などと照らし合わせて、ご受講されるコースを選択ください。実績豊富な日立講習会のビジネス/ヒューマン講座をご活用いただければ幸いです。

ビジネス/ヒューマン講座 体系概要

ビジネスマネジメント

ビジネスマネジメント

ビジネス遂行にあたって、すべてのビジネスパーソンが理解すべき経営基礎力を身につけることができるコース群です。

  • 顧客の環境変化や顧客との協創を考え、ビジネスアイデアを創造する戦略・マーケティング関連コース
  • 売上、費用といったカネによる経営分析を確かなものとする、アカウンティング・ファイナンス関連コース
  • 論理的に問題解決に取り組むための論理力・発想力関連コース

業務遂行力(社会人基礎力)

業務遂行力(社会人基礎力)

日々の業務遂行能力を磨くためのスキルを身につけることができるコース群です。
経済産業省が提唱する社会人基礎力である3つの能力(12の能力要素)でスキルアップを計画することができます。

  • リーダーシップやチームビルディングなど「前に踏み出す力」に関連するコース
  • 疑問を持ち問題を構造化して考えるマインドと技法など「考え抜く力」に関連するコース
  • コーチングなどの指導法やコミュニケーションに欠かせない他者理解と自己理解など「チームで働く力」に関連するコース

目的別・用途別

目的別・用途別

特定の目的やシーンにあわせてご活用いただくコース群です。

  • 視覚に訴えるビジュアルデザインや、お客さまとの接点となるセールス、知っておきたいビジネス教養など多様な目的にこたえるコース

当社における各種感染症の予防および拡散防止対策のご案内

ご利用ガイド

コースのお申し込みから受講後までの流れや各種操作方法などについてご案内します。

Q&A

オープン研修(日立講習会)