ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立アカデミー

2020年04月22日オープン研修

先日、「ご自身のPCで、JP1ジョブ管理機能を学習できます!JP1ジョブ管理eラーニングのご案内」で、当社の「マシン演習付きeラーニング」をご紹介させて頂いただきました。
最近はテレワークも進み、各社から自己学習コンテンツがたくさん発信されています。ビジネススキルや言語系の学習は、比較的簡単にコンテンツを使った学習ができますが、業務に直結する製品に対するコンテンツはまだまだ少ない印象です。
オープン研修(日立講習会)では、テレワークでもJP1の知識や操作を効果的に修得できる「マシン演習付きeラーニング」をご用意しています。

JP1研修のマシン演習付きeラーニングの特長!!

学習教材と実習環境を組み合わせて、リモート学習のような体験をしながらスキル修得ができます。

■学習教材(知識の修得)

  • ・動画コンテンツで、講師の説明が聞けます。
  • ・集合研修で使用しているテキスト、実習問題(PDF)をダウンロードできます。

■実習環境(スキルの定着)

  • ・集合研修と同等の実習が可能です。
  • ・ご用意する環境は、実際のシステム運用を意識した複数台(マネージャー・エージェント)のとてもリッチな構成です。(※学習するコースによって、異なる場合があります)
  • ・整った環境で、21日間もJP1製品が操作できます。

■イメージ

「マシン演習付きeラーニングコース」は講義動画を視聴しながらテキストを参照して学習できます。テレワークのマシン演習を通じた修得が可能。マシン演習では本番環境と同じ製品版JP1を使い放題。インタネット環境とWebブラウザが必要です。

今回は、JP1統合管理のeラーニングコースを紹介いたします。なお、JP1のeラーニングコースは、バージョンごとに提供しておりますので、お使いのバージョンに合わせたコースを選択して受講いただけます。

Version 11、Version 10対応コース

<コースの特長>

  • ・統合管理製品の主要機能である統合コンソールによるシステムイベント管理の一連の流れ(システムの集中監視・問題の検知と通知・問題の確認と調査・対処とその確認)について、マシンを用いて学習できます。
  • ・教材に操作方法が丁寧に書かれているため、統合コンソールの操作経験がない方でも安心して学習できます。
  • ・統合コンソールの操作について、教材の手順に従って操作する例題操作が数多く用意されているため、操作方法の修得を効果的に行えます。また、実習問題を通じて学習内容の理解度を確認するとともに操作スキルの定着に役立てることができます。

<サンプル動画>

「統合コンソールって何?」「統合コンソールの導入メリット」「イベント監視をやってみた」が順番に再生されます。

<コースの特長>

  • ・統合管理システムを構築するための手順について、マシンを用いて学習できます。
  • ・システムにおけるイベントを集中管理するための設定方法について、実習問題を通じて学習できます。
  • ・アプリケーションによって出力されるログやWindowsイベントログを統合管理システムで管理する方法について、実習問題を通じて学習できます。

<サンプル動画>

「統合管理システムの構築の流れは?」「JP1イベントの集中管理設定デモ」が順番に再生されます。


開催日程(全コース共通)

上記コースの開催日程は、次のとおりです。

  • ・ 6/9~6/29
  • ・ 7/7~7/27
  • ・ 9/8~9/28

なお、最新バージョン(Version 12)対応のeラーニングコースは9月リリースです。ご期待ください!


JP1 マシン演習付きeラーニングコース受講キャンペーン

2020年6月~9月開催のJP1のマシン演習付きeラーニングコース(※)をご受講の方にJP1資格認定試験の受験バウチャーをプレゼントします。※対象外のコースも一部ございます。対象コースや申し込み方法は以下ページをご確認ください。