ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立アカデミー

2020年04月17日オープン研修

オープン研修(日立講習会)では、JP1の知識や操作方法をクラウド上のマシンで学習可能な「マシン演習付きeラーニングコース」を提供しております。マシン演習付きeラーニングコースは、講義とマシン演習を提供する集合研修と同等の内容を学習できるため、例えばテレワーク環境においても効果的な学習が可能です。また、ご自身のPCで、ご自身のペースで学習が進められるため、無理なくJP1の理解を深めることが可能です。

「マシン演習付きeラーニングコース」は講義を聞きながらテキストを参照して学習できます。マシン演習(本番環境と同じ製品版JP1を使い放題)も、研修会場に出向かなくてもできます。インターネット環境とWebブラウザが必要です。

今回は、JP1ジョブ管理のeラーニングコースを紹介いたします。次のコースは、JP1の最新バージョン(Version 12)に対応しております。

Version 12対応コース

<コースの特長>

  • ・JP1/Automation Job Management System 3(JP1/AJS3)による業務自動化の一連の流れ(自動化対象業務の定義・実行・監視)について、マシンを用いて学習できます。
  • ・教材に操作方法が丁寧に書かれているため、JP1/AJS3をこれまで触ったことがない方でも安心して学習できます。
  • ・JP1/AJS3の操作について、教材の手順に従って操作する例題操作と、事例を用いて取り組む実習問題が数多く用意されているため、操作方法の修得を効果的に行えます。

<サンプル動画>

「ジョブ管理って何?」「JP1/AJS3の特長を知ろう」「ジョブネットの作成デモンストレーション!」が順番に再生されます。

<コースの特長>

  • ・JP1/AJS3システムを構築するための手順、およびJP1/AJS3の運用管理を行うための操作について、マシンを用いて学習できます。
  • ・JP1/AJS3のシステム構築について、複数台のマシンを用いたマネージャー・エージェント構成の設定方法や、JP1/AJS3を利用するために必要となるJP1ユーザーの設定方法について、実習問題を通じて学習できます。
  • ・JP1/AJS3の運用管理について、ジョブネットのバックアップ・回復の手順や、実行登録中のジョブネットの定義内容を切り替える方法などについて、実習問題を通じて学習できます。

<サンプル動画>

「JP1/AJS3の環境構築の手順はこれ!」「ジョブ実行環境を設定しよう」「実行エージェントの登録デモンストレーション」が順番に再生されます。

なお、JP1のeラーニングコースは、バージョンごとに提供しておりますので、お使いのバージョンに合わせたコースを選択して受講いただけます。
※最新バージョン以外の対象コースには、バージョンを表記しています。


Version 11対応コース


Version 10対応コース


開催日程(全コース共通)

上記コースの開催日程は、次のとおりです。

  • ・ 6/9~6/29
  • ・ 7/7~7/27
  • ・ 9/8~9/28
 

JP1 マシン演習付きeラーニングコース受講キャンペーン

2020年6月~9月開催のJP1のマシン演習付きeラーニングコース(※)をご受講の方にJP1資格認定試験の受験バウチャーをプレゼントします。※対象外のコースも一部ございます。対象コースや申し込み方法は以下ページをご確認ください。