ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立アカデミー人財育成ソリューション

2019年10月30日

コラム 第35回『写像? 虚像? - 我々は、「歪んだ写像」で事実を認識できているのか -』を掲載しました!

昨今の情報社会の中では私たち自身が経験したり見聞きしなくても、さまざまな手段により現実に起きていることに触れることができます。
永倉は、これは『"写像空間"があるからこそ』だといいます。また、こうもいいます。『「正確な写像」は存在しないことを前提に「虚像=歪んだ写像」に向き合う、すなわち「歪みがあること」を常に意識することが大切なんだと思います。』
写像と虚像。さて、みなさまはどのように考えますか?
(コラム担当記)


第35回 写像? 虚像? - 我々は、「歪んだ写像」で事実を認識できているのか - 新規