ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立アカデミー 人財育成ソリューション

IT戦略やICT活用企画からシステム構築・運用まで、企業の競争力向上に寄与する情報システム部門を研修でご支援します。

企業における情報システムの役割は、合理化・効率化を進めるツールから、他社との差別化・競争力強化を図るツールへと変遷しました。情報システムは、経営戦略や事業戦略を成功に導く重要な要素になりました。
このため、情報システムには企業価値向上のためにビジネスニーズや事業要件に対応したITサービスの提供が求められています。
これらの背景から、情報システム部門の要員には、システムの実装技術だけでなく、戦略に結び付くITサービスを正確に企画立案/ 開発し、継続して提供し続けるスキルが求められます。
当社では、システム化戦略策定から運用管理や実装技術まで一連のIT修得に対応したコースをご用意しています。

情報システム部門の人財育成体系づくり支援

現在の事業内容からスキル標準準拠の職種、人財像を選定し、現状の人財マップを作成します。
事業戦略、人財戦略に基づき、将来求める人財像と必要なキャリア・スキルの方針を定め、将来の人財マップを作成します。そして、育成の大きな流れである標準キャリアパスを定めます。

【対象】

  • 人財育成制度が確立していない、または事業環境の変化による新たな課題を解決したいお客様

研修ロードマップ作成支援

人財像に対する教育項目などの詳細部分を定めます。 そして、長期育成視点に立った人財別の研修ロードマップ、または、短期育成視点に立った重点育成研修ロードマップを作成します。

【対象】

  • 人財戦略や事業環境の変化に伴い、研修の見直しが必要なお客様
  • ターゲットを絞った短期育成を体系化したいお客様

IT戦略構築、ICT活用企画力

IT戦略・企画立案やプロセス評価、BA(Business Analysis)に関する知識や手法、ビジネスに役立つIT投資を実践するために必要となるIT戦略立案プロセスに関する知識、限られた経営資源で、最高のITパフォーマンスを引き出す戦略面でのポイント、情報の扱い方、特にコンピュータを利用して業務を行うための基礎的な知識や技術が修得できます。

ベンダーマネジメント

企業内の情報システム部門で、外部委託先(ベンダー)と連携してシステム開発に携わる方が、プロジェクトのリスクとトラブルを予防し、問題やその兆候を早期に発見し、委託先と協調しながら、現実的かつ確実に課題の解決を図るための方策を修得します。自身の責任範囲を理解したうえで自社内への問題解決行動の候補を案出(折衝/上位者からの交渉/エスカレーション等とるべき行動の判断)、委託先との協調、連携作業を意識した自発的コミュニケーションがポイントです。

システム構築、システム運用

情報システムの開発/導入は重要な投資案件であるにも関わらず、処理能力不足や予算超過など、多くの失敗事例が報告されています。これらの中には調達要件の分析不備が原因と推定されるケースも少なくありません。
システム要件を的確に伝えるRFPの作成、ベンダからの提案書の合理的な評価方法、および信頼性を向上させるIT契約書の締結などに関する知識を、演習を通して学習します。