ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立アカデミー

Amazon Web Services(AWS)認定研修のご紹介

日立アカデミーは、アマゾン社のクラウドサービス「Amazon Web Services」の認定研修を開催しています。 AWSの導入、活用に携わる皆さまにAWSのサービスとソリューションを実践的に学んでいただけるAWS認定研修を提供いたします。

1.AWS認定研修の特徴

ポイント1

実践的なグループワーク

レクチャや個人ワークだけではないのが、AWS認定研修の特徴。最適なアーキテクチャ設計、開発、管理について、受講者および講師でディスカッションする実践的なグループワークで、理解を深められます(一部のコース)。

AWS研修実施イメージ

     「Architecting on AWS」グループワーク

ポイント2

AWSサービスの活用方法を体験し修得できる充実した実機環境・場所を問わず知識確認ができる電子教材

・仮想ネットワーク(VPC)上に仮想マシン(EC2)、データベース(RDS)、ストレージ(S3)を組み合わせたWebシステムを構築するほか、LambdaやDynamoDBを活用したサーバレスアーキテクチャを体験し、活用方法を修得できます。

・AWS認定研修では電子テキストを用います。PC、タブレット、スマートフォンなどから、職場、自宅、出張先にいても参照できます。

AWS研修イメージ

2.AWS認定研修および試験の体系

AWS認定研修および試験の体系イメージ

Architecting on AWS(受験バウチャチケット無し) Developing on AWS(受験バウチャチケット無し) Systems Operations on AWS(受験バウチャチケット無し) AWS Technical Essentials

3.開催コースの概要

コースコード コース名 コース概要
CLD010 AWS Technical Essentials AWSの特徴やコアサービスを学習し、コアサービスを利用して高い可用性を持つWebシステムを構築します。
構築したWebシステムの性能監視とログの収集やバックアップなどを実施し、AWS上のシステムの基本的な運用管理を学習します。
このコースは、AWS社認定コースの「AWS Technical Essentials 1」と「AWS Technical Essentials 2」をセットで提供するものです。
CLD012 Architecting on AWS AWSのサービスを使用してシステムを設計(デザイン)し、構築する方法を学習します。また、スケーラビリティ(伸縮自在性)、セキュリティ、および高可用性のためのベストプラクティスについて学習します。
CLD006 Systems Operations on AWS AWSプラットフォームにおいて可用性が高くスケーラブルなインフラストラクチャを運用する方法を学習します。インフラストラクチャのプロビジョニング、アプリケーションのデプロイ、コスト配分の把握、監視の活用、バックアップの作成などについて学習します。
CLD013 Developing on AWS セキュアで信頼性が高く、スケーラブルなAWSベースのアプリケーションを設計、構築する方法を学習します。AWSコードライブラリ、SDK、IDEツールキットの使い方も学習し、AWSプラットフォームでの効率的なコード開発とデプロイの方法を学習します。

4.AWS認定研修受講時の電子テキストアカウント登録

AWS認定研修ではGilmore社の電子テキストを使用します。電子テキストを参照するために、Bookshelfのアカウント登録は研修開始日にご登録いただきます。既にBookshelfのアカウントをお持ちでしたら、ログインID(メールアドレス)とパスワードをご持参ください。 なお、Bookshelfアカウントの登録は無償です。

ライセンスコードは、研修初日に配布致します。
電子テキストは、PC、iPad等タブレットにダウンロードできます。
最大同時にコンピューター 2台とモバイル端末 2台で利用できます。
認証したPCを"DEACTIVATE"することで他のPCまたはタブレットにダウンロードできるようになります。